ケノンは男性髭に効果あり!頻度は1週間おきがおすすめな理由

はじめまして。長年、肌の乾燥によるシェービングのトラブルと「首ひげ」に悩まされてきたヤギ夫といいます。30代の男です。

「ケノンは男性にも効果があるのか?」

という疑問は、これからケノンの購入を検討している男性にとって一番気になる事のひとつだと思います。結論から言うとケノンは男性にも効果が大いに見込めます!100%と断言してしまうと問題ありそうですが、少なくとも自分がヒゲ脱毛を体験した限り効果がありました。

私のようなパターンの人ばかりでは無いとも思いますが参考になる人もいると思ったので、このページでは主に髭周りの脱毛についてお話したいと思います。

良くある口コミサイトで「これサクラか?」と思うような信憑性のないレビューにモヤモヤしている人も少なくないと思いますが、ここにある情報は一応、私自身が髭脱毛を実践・検証したリアルな体験談と情報を公開しますので、一部の人の不安の解決に役立つのではと思います。

ケノンはそれなりに高価な機器なので購入後に後悔しないよう、より具体的なイメージを持ってもらえたら嬉しいです。

ちなみにこのページではケノンの男性利用に関して全体的な話をしています。

「髭」や「首ひげ」の具体的な脱毛方法や効果については

ケノンストロングカートリッジで髭と首ひげを脱毛するやり方

こちらで詳しく解説していますのでご覧ください。

ケノンの男性利用と男性髭向けオプション

私のお話をする前に、

「ケノンてそもそも男が使っていいんか?」

という疑問をまだ抱いている人もいると思うので、ケノンの男性利用について少しお話したいと思います。

ケノンを購入する男性は年々増えている

調べてみて分かったんですが、ケノンの購入者の男女比率って今や4割以上が男性だそうです。この数字だけ見ても、男性に一定の効果の見込める脱毛法であることが伺えますが、男にこれほど人気で流行るのにも時代背景があるようですね。

最近は良く言われることですが、日本人女性の男性に対する価値観が変化していて「男らしい」「ワイルド」の象徴だったヒゲや毛深さよりも女性並みに処理されたスベスベな肌を求める女性が増えているようです。それから、いわゆるビジネスパーソンの身だしなみに対する意識が向上した事も、男性市場を押し上げているなんて言われています。

スポーツの世界でもメンズの脱毛はもはや当たり前になってきていて、サッカー、水泳、新体操、競輪、フィギュアスケートなどの選手やアスリートも年齢に関係なく脱毛処理しています。基本的には空気抵抗や演技、競技の邪魔にならない様にということだと思いますが、露出の多い男性選手の美意識が高くなってきているのは間違いないと思います。

一方、女性の本音はというと、なんと86%もの女性が「毛深い男子が嫌い」で、メンズの体毛処理に好意的な女性は74%にものぼるという意識調査結果もあります汗(※)

毛深い男性が嫌いな理由は、「不潔そう、不衛生、汚らしい」「気持ち悪い、生理的にムリ」「清潔感がなく気を使ってくれなそう」「わきがが多い」「体臭が臭い」「暑苦しい」といった厳しい意見がほとんどです泣
(※Panasonic「体毛処理の本音を徹底調査!男の実態、女の本音。」アンケートより)

まぁカンタンに言うと男性のムダ毛処理が一般的になってきていて、男が脱毛することについて周囲の目を気にする必要がないどころか、周囲の女性は好意的な目で見ているということですね。

ケノンにはヒゲや剛毛専用の強力な「ストロングカートリッジ」がある

ケノンを男性が使う場合、女性よりも毛深く剛毛でも大丈夫なのか?といった効果の面での心配もあると思いますが、これはある程度解決できます。ケノンには男性の髭などへの使用も想定したストロングカートリッジというオプションパーツがが用意されているからです。

男性専用ということではなく、女性もVラインのアンダーヘアなどガンコな部位の処理に使う、通常よりも照射力をパワーアップしたカートリッジになります。もちろん、男性が陰部の毛に使用することも普通にOKです。

ストロングカートリッジ以外でも髭脱毛を行う事はできますが、髭のように密集していて生命力が頑固で成長も早い部分の脱毛に一番効果を発揮するのがストロングカートリッジ。私も愛用、というか髭には基本これしか使いません。

(その名の通り肌への刺激は強いので、最初から照射力MAXで試すのは自殺行為なので気をつけてください…。段階を経て照射レベルを高めていくのが良いです。)

上の画像の右がストロングカートリッジです。左のプレミアムカートリッジに比べると照射面積が少ないのはデメリットでしょうがないですが、一回の照射にエネルギーが集中する感じです。

カートリッジの種類にはストロングだけでなく、スネ毛や太ももなどの広い面積に適した特徴をもつ「ラージカートリッジ」「エクストララージカートリッジ」などもあります。髭などに比べると毛根の生命力が弱いが照射回数が多めになりがちな個所を処理するやり易さは、作業スピードの速いこちらのカートリッジに軍配が上がります。他にも豊富なオプションが用意されています。

それでは次に、ケノンを実際に使用した私以外の男性の口コミを載せておきます。

ケノンを実際に購入した男性の口コミ

「ヒゲ用に購入し、2カ月ほど使用しました。まだ濃い部分もありますが、青ひげみたいな感じはなくなりました。以前から手で抜いていて元々薄かったカ所はもう生えてこないです。レベル10オンリーで使っていますが、肌の弱い部分でも特に問題は起こっていません。」スケゾウさん・32歳

「とにかくすごいのひと言です。髭に使用してますが、3回目に突入したあたりから明らかに伸びるペースが遅くなっています d(* ̄o ̄) 」ichiiさん・26歳

「価格がネックでだいぶ悩みましたが買って良かったと思います。2回目でかなりきれいになっています(すね毛)。面倒がらずに周期で続けていけば生足でスカートが履けると思います。」ヒマワリさん・32歳

ケノンは男性の「髭」や「首ひげ」に効果があるか脱毛を実践

では、わたしの実体験の話をしていきたいと思います。

一応わたし自身の自己紹介を軽くすると、現在は3歳の息子と奥さんで3人暮らしをしている地方在住の30代のおっさんです。

冒頭でも書いたように乾燥が原因の肌荒れし易い体質で、とくに冬場なんかはカミソリ負けを頻繁に引き起こすのが苦痛でストレスでした。

ヒゲは人一倍剛毛ということもないんですが、肌が男のくせに白いせいもあり、ヒゲを剃った後の青髭の見た目がオタクっぽい印象なのは地味にコンプレックスでした。

さらにもう一つ悩みがあり、一般的には特殊?と思われる「首ひげ」があります。コイツがなかなか厄介なシロモノで、とにかく剃りにくい

写真で分かりますかね?

皮が薄くて柔らかいし飛び出す喉仏がジャマで非常に剃りにくいんですよ。

最近は言葉が達者になった息子からも「ねぇパパはなんでココ(ノド)がジョリジョリブツブツしてるの~」とか言われる始末。

まぁこんな感じで、ヒゲ周りに関しては何とかなるものなら何とかしたいと常々思ってましたが、ケノンを試してみようと思ったのは割と最近です。

嫁さんが読んでいた雑誌の記事にケノンが紹介されてたのを見たのがキッカケですかね。

もともとケノンの存在は何となく知ってて、「自分で手軽にできる家庭用脱毛器の先駆けで大人気(らしい)商品」というイメージはありました。

男性も使ってるっぽかったので興味はあったんですが、まぁイマイチ胡散臭いというか効果に関しては正直半信半疑ではありましたね…。

でもカサカサの乾燥肌に毎回シェーバーを当てるのもいい加減苦痛でしたし、例の「のど髭」は長年のコンプレックスだったということもあり、「ちょっと本気でやってみようかな~」という好奇心もあって、気が付くとケノンの購入ボタンをポチっとしてました。

この年で子供も生まれると「ツルツルの美肌になってモテたいっ!」という気持ちもそれほどなくなってくるもんですが(自分の場合)、毎朝の悩みから解放されてヒゲ剃りの手間とおさらばできたら時間短縮になってちょっとハッピーかな~なんて思ったんですよね。

ちょっと前置きが長くなりましたが、私のように何らかの理由でケノンを使ってみたいと思ったけど躊躇してしまっている男性ってきっといると思います。

そんな人たちに何か得るものがあれば嬉しいと思い、時系列的なケノンの効果をこちらで解説してみることにしました。

一応、ケノンの推奨頻度は2週間になっているのですが髭は効果を得られるまでに時間がかかりやすいと聞いていたので、1週間おきの周期で処理することにしました。脱毛開始から毎週、そして数ヶ月の様子の記録を公開していきたいと思います。

徹底検証というレベルかは不明ですが、自分の効果に関しては徹底的に伝えていきたいですね…。

ケノンを男性が購入する際のプライバシーと同梱物

発送時のプライバシーについて

男性の脱毛が一般的になってきたとはいえ、ケノンが自宅に配達される際のプライバシーが気になる人も多いと思います。同居する家族の目が気になる場合もありますよね。

でも、安心してください。ケノンは基本的にプライバシーに配慮した梱包と発送をしてくれます。

まず、標準で注文した場合です。こんな感じの段ボールで届きます。

ヤマト運輸の送付状は以下の様な印字になっています。

「生活家電」「精密機器についき取扱注意」等の印字が入っています。

以上は標準ですが、気になる方は注文フォームで「中身がわからないように梱包」を選べたり、伝票表記に「化粧品」「PC周辺機器」「生活雑貨」「書籍」が選択可能になっています。

また完全に「バレるのがイヤ」という方はヤマト運輸の「営業所止め」も選択できますので、そちらを利用するのがおすすめです。

はじめの荷物に同梱されていたもの

これは私が注文したときの特典が反映されていますので、参考までにご覧ください。特典カートリッジは都度変更されますので、最新のキャンペーンはこちらから確認してください。

1.ケノン本体
2.ハンドピース(本体に繋がっている)
3.プレミアムカートリッジ(ラージカートリッジの寿命が長い上位カートリッジで標準装備)
4.眉毛脱毛オプション(本体に繋がっている)
5.美顔スキンケアカートリッジ(同梱特典)
6.電源コード
7.クーリングパック(保冷剤)
8.サングラス
9.取扱説明書
10.備品バッグ

同梱されていなかったもの

・ストロングカートリッジ(レビュー特典のためレビューを書くと後日届く)
・エクストララージカートリッジ(別売りのため単品で追加購入が必要)

注文時の注意点

まずケノンカートリッジについてですが、上記の通り「エクストララージカートリッジ」はセットされていないので、使用する予定のある人は単体を購入する必要があります。(特典カートリッジの内容によります)

ただし支払い時に同時購入すると大幅に安くなる同時購入割引があるので、全身脱毛など広い範囲を脱毛したい人は最初から購入しておくのをおすすめします。

キャンペーンのタイミングが良く運が良いとエクストララージカートリッジがプレゼントされる場合もあるかもしれません。タイミングは完全に分かりませんが、見つけたタイミングでオマケが付いていたら即買いでも良いかもしれませんね。

後々買い足すことを考えたら、おまけカートリッジ付きはお財布に優しいです。

>>現在のキャンペーン情報を確認

ちなみに、公式サイトでケノンを発注するとめちゃくちゃ早く到着します。最短で即日発送(平日は16時までの注文)してくれて、早くて翌日には届きます。

男性も知らないと怖いと思うので…ケノンの仕組み

さて、私もそうでしたが男性なら脱毛器に触れたことがないという人がほとんどじゃないかなと思います。

正直、得体の知れないマシンで脱毛するのって怖いですよね?笑

そんな人の為にケノンの脱毛の仕組みを簡単に紹介したいと思います。

まず、ケノンの脱毛方式は非常に強い光を照射することで脱毛効果を得る「フラッシュ脱毛」に分類されます。

光源としては「キセノンランプ」という非常に強い光を発するランプを使っていて、そこから「パルスライト」という色々な波長が含まれた特殊な光が照射されます。

なぜ光を照射すると毛が抜けるのか?というと、これは小学校の理科の実験を思い出してもらうと分かりやすいです。

太陽の光を虫眼鏡で集めて黒い紙を焦がすヤツですね。これは「黒」という色が熱エネルギーを吸収しやすい性質を使った実験ですが、ケノンも同じ原理を使っています。

ケノンから照射された強い光はメラニン(黒色の体毛)に当たると反応し熱エネルギーとなって毛根に届きます。そしてこの熱エネルギーによってタンパク変性が起こり毛根が破壊される、という仕組みですね。

毛根が破壊と聞くと「怖っ!」て思う人もいると思いますが、日本人の肌の特性も考慮された安全な設計になっているので、説明書に書いてある注意点をちゃんと守れば危険なことはありません。

ちなみに毛根が破壊されてすぐに抜け落ちるわけでは無く、個人差などもありますがだいたい1~2週間程度で自然に抜け落ちる感じです。

一度毛根が破壊されても毛穴の底にある「毛母細胞」は徐々にダメージから回復してまた新しい毛を作り始めますが、以前よりは細く弱々しい毛です。処理を複数回くり返すことで、毛母細胞の再生力も弱まっていきます

どんな風にやる?ケノンの使い方

ケノンを初めて使う人には、使い方が全くイメージできないと思いますので、ここではざっくりと脱毛の流れをまとめてみたいと思います。気を付けるポイントはありますが、難しいという事はないです。

大まかには、「事前準備」→「照射」→「事後のスキンケア」といった流れです。

事前準備その1

カミソリなどで予め処理したい部分の余分な体毛を処理しておきます。ムダ毛が長すぎると、ケノンの処理効率が落ちてしまうからです。かと言って、事前準備でツルツルにしてしまっても処理効率が落ちるので、1ミリくらい黒い毛が残るような感じで処理します。前日に準備しておくのがベストの方法と思います。

電気シェーバーを使用しても特に問題はありませんが、ブラジリアンワックスなどの脱毛クリームは髭の先端が丸くなることで照射が分散し、効果が半減してしまうので残念ですがオススメできません。

また、処理した髭が長すぎるのもやけどに繋がる可能性があるので要注意です。

ニキビなどがある場合は、その周辺の処理は我慢してマスキングテープなどで保護してくださいね。

事前準備の処理の状態に関しては、こちらの記事を参考にして下さい。

事前準備その2

処理の直前に照射する部位を予め冷凍庫で冷却しておいた付属の保冷剤で冷やします。安全なレベルとは言え肌の表皮に多少の熱エネルギーの負荷がかかるので、肌への負担を最小限にとどめるためです。

目安の時間としては、約10秒です。

照射(フラッシュ)
いよいよ本番ですが、照射には複雑なテクニックは一切ありません。どんなに機械音痴でも操作できると思います。

まず、コンセントを差したら電源をONにすると自動で本体が立ち上がります。液晶ディスプレイでモードやレベルを選択し、ショットの連射回数や照射パワーの強弱(レベル)を設定したら、ハンドピースというバーコードリーダーの様なランプを処理したい部分に密着させて照射ボタンをポチッと押すだけです。

ちなみに、照射と照射の間には「照射充電」のために数秒ほど時間がかかりますが、待ち時間に肌の冷却をすると効率的です。

連続照射によりカートリッジ部分の温度が一定以上になると、作業の途中でも搭載されている安全機能が作動する可能性があります。

照射パワーの調整は、最初は分からないと思いますが、最終的には自分の肌と相談しながら徐々にレベルを上げて実施する感じになります。

事後のスキンケア

事前準備と同じく、照射後も保冷剤で冷やします。照射により多少の熱を帯びた肌を鎮静化させてあげます。

処理後の毛根は自然に抜け落ちますので、髭が残っているからと言って毛抜きなどで無理に処理しないようにしてください。

丁寧なアフターケアもトラブルを起こさない為に大事です。

照射頻度
以上の作業を基本は2週間に1度行います。こちらにも詳しく理由を書きましたが、毎日処理を行う必要はありません。

流れとしては、こんな感じですね。

ポイントとしては、事前準備の毛の残し具合(効率よく熱エネルギーを毛根に届ける)と、保冷剤による部位の冷却(肌への負担や痛みを軽減)です。

「痛いのか?」と恐怖を覚える人もいると思いますが、そこまで恐れる様な痛みではないのでご安心ください。

ケノンを男性が使用すると痛むのか?

ケノンの脱毛処理は痛むのか?これは初めて経験する人なら気になるポイントですよね。脱毛経験の少ない男性であれば余計に気になると思います。

照射時の痛みは、処理したい部分の毛根の深さと照射する光のレベルによって変わってきます。これは男性と女性によっても変化しますね。例えば口周りの髭を処理したい場合、男性の方が毛が太くて毛根も深いので女性よりも痛みを感じやすくなります。その他に女性よりも男性の方が痛みを感じやすい箇所としては、胸毛などがあります。

自身の実体験や色々なレビューをみた個人的な印象では、ストロングカートリッジのMAXレベル(レベル10)の照射を必要とする箇所だと痛みをそこそこ感じる人が多いかなという感じです。

男性の場合はストロングカートリッジを使ってレベル10の照射で髭脱毛にチャレンジする人が多いと思いますが、個人的な感想では下準備の冷却をしっかりとやっておけば問題ないと思いますので、必要以上にビビる必要もないと思いますよ。

実際の経験者の口コミをいくつか見ると参考になると思いますのでピックアップしてみました。

「最初は少し痛く感じます。ですが付属している保冷剤を当ててから照射するとぜんぜん痛くならないです。」

「レベル9の照射を試してみましたが、思っていたほど(ほとんど)痛みは無かったです。むしろ保冷剤の冷たさの方が気になったほど。次はレベル10を試してみる予定です。」

「保冷剤でちゃんと冷やさないと結構熱いです。十分冷やしてからやれば全く痛みは感じません。」

「カミソリ負けするのがいやで買ったおじさんです。マックスで照射すると多少痛いですが、まぁガマンできる範囲です。」

「レベル5からスタートしてすぐに10まで上げました。チクっとして焦げ臭い感じはありますが、痛みはほぼナシです。」

「レーザー脱毛より痛くないです。」

「ストロングカートリッジのレベル10はそこそこ痛いですw でも広範囲に一度に出来るは良いです。」

個人差はあるようですが、付属の保冷剤でしっかり冷やしてやることで痛みが軽減できるというのは共通していますね。

ケノンの永久脱毛的な効果を男性が得られるか?

永久脱毛は医療機関しかできない

これは定義的な話なのですが「永久脱毛」というのは「最後の脱毛から1ヵ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法」のことを指しています。

強い出力のレーザー照射を使って毛根の深い部分までダメージを与え、毛の量を確実に減らしていく脱毛法になるのですが、このレベルのレーザー照射が医療機関しか扱えない為、「永久脱毛」は医療機関でのみ施術が可能な医療行為という事になっています。

これに対して、自宅用脱毛器のケノンや医療脱毛以外の脱毛エステなどで行う「光脱毛」はレーザーとは光の波長や強さが違い、そこまで強い威力を持ちません。あくまでもムダ毛の自己処理頻度を少なくしたりムダ毛を目立たせなくする「減毛」が目的ということになりますね。

でもこれはメリットでもあって、レーザーよりも照射の際の痛みが少なかったり自分で比較的安全に扱えたりする良さがあります。また「永久脱毛」の定義は別として、効果に関しては程度問題でもあります。人によっては光脱毛でほとんどムダ毛が生えなくなったというケースも存在するようなので、永久「的」な脱毛効果を100%否定できるものでもないかもしれません。

ただ、男性は毛根の生命力の強い髭などへの利用が中心になると思いますので、上記のようなケースを期待し過ぎないのが賢明とは思います。基本的には、ケノンのような家庭用脱毛器は日々のムダ毛処理の頻度を少なくするために継続して行っていくものと認識しておけば間違いないでしょうね。

男性がケノンを購入する場合のおすすめショップ

ケノンはどこで購入するのが良いのかも気になるところですね。

男性であれば髭の脱毛で必ず使用するストロングカートリッジを手に入れたいので、ストロングカートリッジが特典として付いてくる買い方が最も賢いと思います。

現在ケノンの公式サイトではストロングカートリッジをレビュー特典として付けるキャンペーンを行っているので、特別な事情が無い限り公式サイトで購入するのが間違いないかと思います。

ちなみに、ケノンの流通元はすべて販売会社の「エムロック」になり、家電量販店などへの流通はさせておらず、通販限定の商品だということは覚えておいてくださいね。

具体的には公式サイト、楽天、Amazonなどで購入可能ですが、値段は横並びの6,9800円(送料無料)で管理されています。

個人的には、上にも書いた通り公式サイトでストロングカートリッジのレビュー特典をもらうのがおすすめです。また、公式サイトは「本体同時購入限定スペシャルプライス」で追加購入のカートリッジが大幅に割引になります。

例えばスネ毛や太ももの脱毛に取り組みたい男性は広範囲の脱毛が効率的に行えるエクストララージカートリッジもあると便利だと思います。本体同時購入割引を使うとストロングカートリッジが3,800円も割引になるのは魅力的ですよね。(本体同時購入割引は1回限りの値段になるので注意してください。)

まとめ

ケノンはムダ毛や剛毛のセルフケアとしては非常に高い効果を期待できる家庭用の脱毛器です。

私も当初は面白半分で購入してみた側面もありますが、今となっては購入して本当に良かったと満足しています。不快だった敏感肌の髭そりも段違いに楽になった実感があります。最近では美意識も高くなったというか、アンチエイジングなどにも興味が出てきたくらいです。

あと、これは余談ですがうちの奥さんは特典で付いてきた「美顔器機能」を使っていて、シワやらシミが綺麗になったと騒いでいます。

ムダ毛や剛毛に悩んではいるが脱毛サロンに行くのに抵抗がある男性にとって、家庭用脱毛器はほぼ唯一の選択肢になると思います。そしてケノンは業務用に匹敵する最強クラスの出力を持っています。

初期投資は少々高額ですが、一旦購入してしまえばずっと使用できます。カートリッジは消耗品ですが長寿命なので10年近くは買い替え不要だと思います。少々の根気は必要かもしれませんが、クリニックに通う必要もなく自宅でマイペースで脱毛に取り組めるのは最高ですよ!トータルで考えればお金の節約にもなりますし私自身、本体価格以外にこれといったデメリットも思い当たらないです。むしろ破格とも感じます。

奥さん、彼女がいれば夫婦カップルで取り組むのも良いですね。圧倒的なな販売実績もありますし、思い切って購入を検討してみてはいかがでしょうか?