1. TOP
  2. ケノンストロングカートリッジで髭と首ひげを脱毛するやり方

ケノンストロングカートリッジで髭と首ひげを脱毛するやり方

こんにちは。ヤギ夫です。

このページでは、ケノンストロングカートリッジを使って実際に「髭」や「首ひげ」を脱毛する方法を解説してみたいと思います。

このページをご覧の方は恐らくほとんどの方ががケノンの使用や髭脱毛が初めてですよね?まだケノンを使った事のない方にとって、実際の脱毛は色々と不安や疑問があると思います。このページでは私の実体験を元に解説していますので、少しでもケノンについての不安や疑問を解消してもらえたらと思います。

ケノンストロングカートリッジ(レビュー特典)のもらい方

まず最初に、ここではケノンのレビュー特典カートリッジであるストロングカートリッジのもらい方について説明したいと思います。

なぜわざわざこんなことを書くのか?というと、特典カートリッジのもらい方でつまづく方が一定数いると予想されるからです。

男性が髭脱毛に取り組む場合、ストロングカートリッジが無くては話が始まりません。

特典ではなく単品で買えば問題ありませんが、カートリッジ単体は高価なので特典としてもらえる物をわざわざ単体で買う必要はないと思います。

これからケノンを購入する方も、レビュー特典のもらい方をしっかりと押さえてスムーズに実践に移れるようにしましょう!

レビュー特典カートリッジとは?

公式サイトでケノンを購入すると通常、特典として数種類のカートリッジがもらえます。(種類はキャンペーンのタイミングによって異なる)

ここで厄介なのが、カートリッジの種類によってもらい方が異なるという事です。

商品と同梱されてくるものもあれば、レビューを書かないともらえないものもあります。

で、このレビュー特典カートリッジは最近であればほとんどの場合「ストロングカートリッジ」が該当するはずです。

くどい様ですがストロングカートリッジは髭脱毛に使うため男性にとって超重要なカートリッジです。

髭脱毛をしたくてケノンを購入する方ならレビュー特典カートリッジがスムーズにもらえるよう、ぜひ手順を頭に入れておいて下さいね。

レビューの書き方&特典のもらい方

さて、これから実際に特典のもらい方を解説していくのですが、その際に若干ネックとなるのが混沌とした公式販売サイトです笑

どういう意味か?は一度見てもらうとわかります。

ケノン公式サイト

伝えたいことも多いのでしょうが、特典やらレビューやらで最初は意味不明になる可能性があります。

(ディスってるわけじゃないですよ)

なので、特典のもらい方が瞬時に理解できない人もきっと多いだろうなと思います。

でも安心してください。分かってしまえば何てことはないです。

必要になるものは、以下の2点です。

1.ケノン注文時に送られて来る「ご注文内容のご確認」メール
2.ケノン配達時に同梱されている納品書

用意ができたら、まずは「ご注文内容のご確認」メールを開いて中ほどまでスクロールしてください。

「レビュー特典について」という項目があるはずです。

その項目の中に「レビューのご投稿は以下URLからお願い致します。」という一文とともにレビューページに飛ぶURLが貼り付けてあるので、そこからレビューページに飛んでください。

あとはレビューページの項目を埋めるだけですが、「出荷番号」という項目にはケノン配達時に同梱されている納品書の左上に記載されているナンバーを入力してください。

投稿が完了すれば、あとは自動的に承認(?)されて数日後には特典カートリッジが勝手に届きます。(私の場合はレビュー投稿後1週間程でストロングカートリッジが到着しました。)

簡単でしたね!

まだ見ぬカートリッジをもらいたいがためにレビューを書くという理不尽さは多めに見てあげてください。

ケノンストロングカートリッジの解除方法

さて、次はストロングカートリッジのロック解除方法の解説をしていきたいと思います。

ストロングカートリッジは安全上の理由ということで初めは機能制限(ロック)が掛かっています。このロックを外さないとレベル1以上の照射が出来ません

レベル1では全くもってストロングの意味が無いので、さっさと解除してしまいましょう。やり方を追って説明します。

ケノンサポートサイトにアクセスする

まずはこちらのサイトにアクセスします。

トップページ

すると >>ロック解除番号取得はコチラ<< と書かれたページに飛びます。

リンクをたどると【メールアドレス】【製造番号】を入力するフォームが出るので、そちらに入力してください。

製造番号はケノン本体裏のシールに記載されている「Serial No:」というヤツです。

2点が入力できたら「進む」ボタンを押すと入力したメールアドレス宛に【KE-NON ストロング ロック解除のご案内】というメールが届きます。

そのメールの中に7桁の【ロック解除コード】が記載されているので、メモるかすぐ見れるようにしておいて下さい。

カートリッジをストロングに差し替える

次に、電源がOFFの状態でハンドピースに付いている標準カートリッジを引き抜きストロングカートリッジに差し替えます。

特にロック的なものはないので力づくで引っこ抜いてブスっと差し込む感じです。

装着できたら電源をONにします。

解除コードの入力

電源が立ち上がると最初にモニターに「ストロング」と表示されますが、数回「↑」ボタンを押すと解除コードを入力する画面になります。

そこに、先ほどメールで届いた7桁の解除コードを入力して決定(mode)ボタンを押すと、解除が完了します。

この解除の作業は最初の1回のみで、次回以降は普通に使用できるようになります。

ケノンストロングカートリッジの髭脱毛のやり方

さて、ストロングカートリッジが用意できたところでいよいよ実際にケノンを使った髭脱毛を実践していきたいと思います。

ケノンの髭脱毛の下準備

まず下準備として髭を剃っておくのですが、この剃り加減というのが意外に重要になります。

効率的な照射の為には約1mmくらいの長さにしておくのが良いとされていますが、その場で1mmの長さに揃えるのって難しいですよね?

そこで、処理したい場所を前日に剃っておくというやり方をします。

そして翌日(処理当日)、だいたい次の写真の様なイメージになっていればOKです。

それから下準備としてもう一点、付属していたクーリングパック(保冷剤)を冷凍庫に入れて冷却しておいてください。

以上で下準備は完成です。次からはいよいよ本番の照射に入って行きます。

カートリッジとモード、照射レベルをセット

まず、照射に使うカートリッジを装着します。ここでは髭脱毛なのでストロングカートリッジを装着します。ストロングカートリッジの解除を行った後なら、そのままでOKです。

カートリッジが装着できたらケノン本体の電源を入れます。電源を入れるとタッチパネルで画面操作を行えます。

ここで照射モードや照射レベルを設定しますが、直感的に操作できるので難しく考える必要はありません。これでスタンバイOKです。

照射直前のクーリング

これは、肌の負担を最小限にしたり照射の瞬間の痛みを抑えるのに重要です。

予め冷却しておいたクーリングパックを照射する部位に10秒ほど密着させて冷却します。

ケノンは照射ごとに照射充電の時間があるので、その時間を利用して冷却するとスムーズだと思います。

繰り返しになりますが、このクーリングをサボると照射時の痛みが強くなる場合がある(特にストロングカートリッジの場合)ので、きちんとやるのをおすすめします。

いざ照射

操作は非常に簡単で、処理したい部分にハンドピースを押し当てて照射ボタンを押すだけです。

ハンドピースには温感センサーを使った安全装置が付いているので、肌に密着させなければフラッシュしないので安心です。

始めは少し怖いかもしれませんが、低いレベルから徐々に試せば大丈夫です。私の場合はレベル5から始めました。

結果的にはレベル9までほとんど痛みを感じず、MAXでやや痛みを感じるといった具合でした。

なるべく照射する部位がダブらないようにハンドピースをずらしながら処理していきます。ただ、あんまりダブるのを恐れすぎると光の当たらない部分が出てきてしまうので神経質にならなくてもOKです。

鼻の下や口の周りは意外と立体的で難しいので、実際の照射の前にハンドピースを当てて「○○回で網羅する」というような予行演習をしておくと良いと思います。

照射後のクーリング

照射が終わったらもう一度クーリングパックで10秒ほど冷却しておきます。これで、多少熱を帯びた照射部分を鎮静化する事ができます。

以上で1回の処理は完了です。

こんな感じで週一ペースで処理を続ければ、数週間~数ヶ月後には「髭剃りの頻度減ったな~」といった実感が得られると思います。

ケノンストロングカートリッジは痛い?やけどしないコツ

部位によって変わる痛み

照射時の痛みはストロングカートリッジだからというよりも毛根の深さと照射レベルによって変わります。ただ、ストロングカートリッジを使いたい場所というのは往々にして毛根が深い場所なので(笑)結果的に痛みを感じる率は高いのかもしれません。

ストロングカートリッジであっても低いレベルから始めれば全く痛くないので、肌と相談しながら徐々にレベルを上げて可能な限り高いレベルで処理するのが良いと思います。

やけどしないコツ

これは事前のクーリング(冷却)をしっかりとやることはもちろんなんですが、下準備のムダ毛の処理も重要です。というのも、ケノンのフラッシュは黒い部分に反応するからです。

事前のムダ毛処理が深すぎても毛根まで光が届きませんが、長すぎると表面に熱が溜まりすぎて最悪やけどする可能性があります。

前日に処理しておけば極端な事にはならないと思いますが、念のために頭に入れて置いて下さい。

ケノン髭脱毛の頻度について。毎日やる必要があるか?

髭は週1回程度がベスト

ケノンの照射は毛周期(体毛の成長サイクル)に合わせ、2週間に一度行うのが最も効率が良いと言われています。

なぜかというと、一つ一つの毛根は約4~6週間のサイクルで「成長期」→「休止期」→「縮小期」を繰り返していて、毛根にダメージを与えるには「成長期」に狙いを定めて照射する必要があるからです。

全ての毛根の毛周期の足並みが揃っているわけでは無いので、2週間に一度照射する事でまんべんなく毛根にダメージを与えられるという訳です。

ただし、髭のような生命力の強い毛根にダメージを与える場合、1回の照射で十分なダメージを与えられるとは限りません。むしろ複数回の照射でやっと生命力が弱まる印象です。そのことを考えると、2週間に一度の照射では完全に処理できるまでに時間が掛かりすぎてしまうかなという感じもあります。

個人的には週間に一度の照射がおすすめです。それ以上だと肌の負荷もたかくなってしまいますし、肌荒れも気になってくるからです。週間に一度であれば肌の負荷も許容範囲といった感じですし、処理完了までの期間は約半分になります。

肌の強さによっても短縮できる期間は変わってくると思うので、このあたりは自分の肌との相談になります。

それからこちら「ケノンの永久脱毛的な効果を男性が得られるか?」にも書いた通り、ケノンの脱毛は継続的に行っていくものになります。

毛根自体が弱まって来るので処理の負荷は徐々に減ってラクになりますが、一度処理が完了したからといって永久的に効果が持続するものではないということだけ頭に入れて置いて下さいね。